研究醸造18~23 コンプリート6本セットのご案内

トピックス

酵母の違いがわかる革新的な大検証

今回の研究のテーマは【酵母違い】です。

世の中には、様々な酵母違いのお酒はございますが、今回の研究は”シン・ツチダ”の造りを基準にして、酵母添加をしたらどのような違いがでるか?です。
少し簡単にまとめますと、シン・ツチダの酵母添加版となります。
基準となる酵母無添加と、5種類の酵母添加で、計6種類の各酵母は以下の通り。
【協会601号・協会701号・協会901号・群馬G201酵母・IDO酵母・酵母無添加】

基本の製造は、シン・ツチダを基準として、アルコール15~16%を狙って、それ以外はどのような変化が起こるのかを確かめております。
結論からしますと、予想よりも味わいの差がでました。
飲んで頂くとご理解頂けますが、それぞれの酵母の特性がでました。
90%精米なので、削ったお米よりも、もしかしたら独特な特徴が出ているかもしれません。
なぜなら、酵母はお米の栄養を取り込んで発酵をします。
90%精米ですと、様々な栄養素が残るため、削ったお米とはまた違った味わいが出るためです。

▶解説動画を再生する
ぜひご覧ください。

詳しい製法についての詳細は動画でご視聴ください。

PAGE TOP