研究醸造25 プリンセスサリー酒のご案内

トピックス

日本酒の可能性を広げるお酒
中長粒米で独特の香りがある米プリンセスサリー。昨年に続き米の香りを酒に出せるか研究しました。

今回のお酒は「酒米でなければ造れない。しかも削らないと造れない。」という概念を壊しました。
さらには、生酛でかつ酵母無添加で、蔵に住み着く微生物で造りました。

昨年に続き米の香りを酒にだせるか研究を致しました。

結果は発酵末期に熱掛け四段を行うことで香りを残すことを狙いましたが想定通りにはいきませんでした。
仕込み初期には残っていた香り成分は、非常に揮発しやすく、搾りまでの僅かな期間で揮発したと思われます。
米の良さが出た、優しい甘みの旨い酒に仕上がりました。

PAGE TOP